摂食・口腔ケア委員会の活動

更新日:2018.07.19 記事テーマ:看護部の活動

 今回は、摂食・口腔ケア委員会の紹介をします

当院の摂食・口腔ケア委員会は、口腔ケアに力を入れています

口腔ケアは、虫歯の予防や歯周病の予防のほか、誤嚥性肺炎の予防に大切なケアです。

近年では、歯周病が心臓病・糖尿病・認知症・動脈硬化などさまざまな病気に関わっている

ことがわかってきています

 当院は、回復期リハビリテーション病院です。麻痺のある患者様もおられます。

そのような患者様が、どうすれば口腔内をきれいに、また自立してケアできるかを、

委員会メンバーで話し合っています。毎食後には、スタッフが患者様の口腔ケアの見守りと

介助を行っています

「いつまでもおいしいものを食べつづけるための元気な歯は日々の手入れから」

(8020運動)

誤嚥性肺炎予防をはじめ、さまざまな疾患予防のためにも、今後ますます口腔ケアは

重要なケアになっていくと思います

ページの先頭へ