教育委員会の活動

更新日:2017.08.19 記事テーマ:院内教育・研修

教育委員会より報告です

暑い日々が続きますが、しっかり水分補給をし、熱中症には気を付けてくださいね

新人看護師、新人介護福祉士が入職してから4カ月が経ちました

今月から新入職員の夜勤が始まるにあたって、夜勤前の研修を行いました。

夜勤目前の研修に、みんな緊張した面持ちでした

「夜勤中、起きていられるだろうか」という漠然とした不安もありますが、

「自分の体調管理をしっかりしていきます」

「患者さまを第一に考えて頑張ります」など、研修後は前向きな感想を述べていました

大丈夫心強い先輩がたくさんいるから

先輩たちのサポートを受けながら、新入職員の成長が今後も楽しみです

h29.7教育.jpg

主任会

更新日:2017.07.15 記事テーマ:看護部の活動

 今月は、主任会について紹介します

平成29年度の主任会は、新メンバーが2人増え、看護師6名・介護士3名の9名で活動しています。

主任会では、業務改善やスタッフの育成に取り組んでいます。

スタッフの育成として、目標管理の面談を行っており、師長が面談を行う前に、まず主任・副主任が

個人目標や仕事での悩み、体調などについて面談を行っています

各スタッフが、少しでも成長してもらえるよう、私達も学習を行い見本となるよう頑張ります

主任会.bmp

医療安全委員会の活動

更新日:2017.07.05 記事テーマ:看護部の活動

梅雨に入り、蒸し暑い日が続いていますが、体調はいかがですか?

本日は、看護部医療安全委員会の活動について報告します。

看護部医療安全委員会では、転倒・転落事故防止のため安全の確認と予防のための対策、

転倒・転落発生時には、他職種と協働でカンファレンスを行い対策の検討と安全の強化を行っています。

それ以外にも、退院後の生活を想定した内服自己管理方法の訓練、誤薬防止対策などの取り組みも

行っています。

様々な障害を抱えた患者さまが、安全に入院生活を送り、リハビリに取り組めるよう

環境を整え転倒・転落事故防止と、健康維持のためのお薬を確実に内服出来るように活動をします。

今年度から転倒・転落防止委員会と、薬剤委員会が合併し、看護部医療安全委員会となりましたが、

ますます患者様の安全を第一に頑張っていきます

医療安全6月.jpg

教育委員会の活動

更新日:2017.05.22 記事テーマ:院内教育・研修

こんにちは

汗ばむ陽気になってきましたね

今回は教育委員会よりおたよりです。

今年は新人看護師3名、新人介護福祉士1名を迎えました

はじめは教育担当者と共にみんな一緒に学んでいましたが、5月からはそれぞれの各所属病棟へ旅立ちました。

次はプリセプターとともに頑張っていきます

患者さんもフレッシュな新人さんの登場に笑顔で迎えてくださいました。

5月教育委員①.jpg        5月教育委員②.jpg

 教育委員会では1年間の研修スケジュールが出来上がりました

今年は1~3年目教育に力をそそぐだけでなく、全スタッフが学びを得ることのできる内容を

企画しました

特に認定看護師の研修を充実させており、当院在籍の摂食・嚥下障害看護認定ナース、脳卒中リハビリテーション看護認定ナースの講義に加え、石切生喜病院からも皮膚排泄ケア認定ナース、慢性心疾患看護認定ナースの講義を依頼しています。

看護、介護ともに学びを得て、よりよい看護、介護が提供できるよう、質の向上を目指し多職種連携で頑張っていきます

~新入職者を迎えて~

更新日:2017.05.15 記事テーマ:看護部長のつぶやき

 もう入社式から1か月が過ぎ、あっという間にゴールデンウイークも過ぎました。

看護部では、3名の新人看護師と1名の介護福祉士が入職しました。当院では1か月間は教育担当副師長が4名を預かり、基礎となるガイドラインに沿って実践・指導しています

そのことにより、基礎的な技術は同じレベルでスタートが切れるわけなんですね。リハビリテーション病院と言っても法人内の急性期病院で合同研修を実施したり、大阪府看護協会の多施設合同新人研修に参加したりと看護技術は一通り身につけることができます。

5月に入ると、それぞれの病棟に配置されプリセプターと共に日々成長していく姿を見るのが楽しみです地方から就職されている方も多いので、私自身も母親のような気持ちで見守り、一人ひとりの表情や体調にも気を配りながら、声をかけるようにしています。 

まずはこの3年間で社会人基礎力を磨き、基本的技術を習得し一人前と言われる看護師や介護福祉士に育ってほしいと思います

GWに富士山とスカイツリーを見てきました

5月看護部長①.jpg5月看護部長②.jpg

回復期リハビリテーション病棟研究大会In広島

更新日:2017.03.08 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは☆

看護師の奥田と、介護福祉士の松本です(^▽^)/

私たちは、2月10日、11日に広島で行われた回復期リハビリテーション病棟協会主催の研究大会に参加してきました

大雪が心配されていましたが当日は雪がチラつく程で無事に広島にたどりついたことに一安心でした

二人とも午後からの発表で、お昼ご飯がのどを通らないほど緊張しましたが、「病棟リハビリ実施患者と転倒についての調査報告」「介護記録委員会による記録監査の実施」について、それぞれ発表できました。他の病院さんの発表でも、いろんな取り組みを報告されていて刺激たっぷりでした

とても勉強になった2日間でした。病院へのお土産は、スタッフよりリクエストがあり、生もみじ饅頭でした(o^―^o)

DWVO4775.JPG

おむつフィッター2級

更新日:2017.02.27 記事テーマ:院内教育・研修

こんにちは

介護福祉士の朝野です

今年おむつフィッター2級の資格を取得しました

おむつフィッターとは

排泄の困りごとに対し、おむつを含む排泄用具はもとより、医療や住環境、食事など幅広い視点からアドバイスできる人

排泄総合研究所むつき庵が実施する資格です。

排泄とは、人が生きていくためには不可欠なこと。日常誰もが数回繰り返す生理的な行為。

排泄が自立、介助量の減少で在宅復帰にも繋がります。

ただ、おむつ選びだけではなく退院後の生活に合ったスタイルを考え、少しでも相談にのることが出来る様、知識を高め良いケアが出来ればうれしいです。

190227.jpg

便り~なポケット(*'▽')

更新日:2017.02.13 記事テーマ:看護部の活動

皆さんこんにちは

今日は、昨年12月17日に行われた看護学会に参加してきての感想を参加者代表で投稿させて頂きます

先日、看護部長のつぶやきでも紹介されましたが、大阪府看護協会主催の第4回看護学会に、看護師2名が発表してきました。また、介護福祉士3名が『知恵をしぼって作りまし展』に作品を出展しました。車椅子の背面をより便利に活用すべく、まさに知恵を絞って作りました。作成には、スタッフのお母様にもご協力いただき作品が出来ました

患者様のプライバシーに配慮出来、スタッフも効率よくケアが出来る作品に対して、展示会場にはたくさんの方が足を運んで下さり、たくさんのご意見を頂きました

また、学会には、特別講師に関西情報ネットtenでおなじみの、清水健さんが来られていました。講演は満員御礼のため、会場には入れずでしたが、講演後サイン会が開かれ、ちゃっかり私も握手&サイン頂きました!(^^)!

すごく充実した一日を過ごすことができました(^_^)

0110.jpg0110-1.jpg

就職フォーラムへ

更新日:2017.02.09 記事テーマ:看護部長のつぶやき

先日、『マイナビ』主催の看護師就職フォーラムに行って来ました。ほとんどが2018年卒業予定の大学生でした。私の学生時代は、合同説明会のようなものはなかったと記憶していますが、うらやましい反面情報の多さに圧倒され、あれこれと迷ってしまうのではないかと心配です。学生たちは開会と同時にネームバリューの高い病院へ一目散・・・・・

見事に素早く私たちのブースを通り抜けていくのでした。

 終了してみると、私達藤井会のブースには、42名の学生が立ち寄ってくれました。中でも「藤井会さんの話が聞きたいです」とか「私は急性期より回復期リハビリテーションがいいんですが」とうれしいことを言ってくれる学生もいたり、ぐるっと回って2度3度とブースに来ては真剣に質問してくれた学生もいて、『何てかわいいんだろう!』と思っちゃいました。ちなみに当院は、大病院にはない中小規模病院の良さがたっぷり詰まったきめ細かな配慮が行き届いた病院です。新卒の方、ぜひエントリーをお待ちしております

医)藤井会 看護師就職フォーラム開催予定        170209_LI.jpg

3月 5日(日)グランフロント大阪

3月19日(日)梅田スカイビル

4月 2日(日)マイドーム大阪

4月 8日(土)梅田ハービスホール

4月16日(日)奈良県文化会館小ホール

4月22日(土)神戸国際展示場

6月17日(土)梅田ステラホール

7月19日(日)大阪ハービスホール

お待ちしております

急変シミュレーション研修

更新日:2017.01.07 記事テーマ:院内教育・研修

2017年、新しい年の幕開けです

みなさんは、どのようなお正月を過ごされましたか

気のせいでしょうか・・・私は、ちょっと白衣がきつくなった気がします(―_―)

まさか、お餅の食べ過ぎでしょうか((笑))

今回は、12月に行った2年目看護師の研修について書かせてもらいます。

2年目看護師も、後わずかで3年目・・・ということで。

「急変シミュレーション研修」を行いました。

夜間トイレ介助中に、意識消失。あなたは、リーダー看護師です。さあ、どうする!?

研修は、2人1組になって行います。もう、2人ともドキドキが止まりません

研修担当者の私は、思わず天の声でアドバイスを送りました(*^_^*)

シミュレーション後は、2人で振り返り

「次は、こうしよう」いっぱい意見がでます。ですが、実際やってみると「思うように体が動かないな~」と言う意見が聞こえてきました。

でも、大丈夫、自信を持って(^_^)v

考えることは、行動への第1歩。きっと、今日より明日は成長できていますよー☆彡

受験生のみなさんは、インフルエンザなどなど気を付けてくださいね。

また、アップしますので見てください

0107.png   0107-1.png   0107-2.png

認定看護師ニュース

更新日:2017.01.06 記事テーマ:院内教育・研修

当法人には、認定看護師が6名在籍しており、当院は脳卒中リハビリテーション看護認定看護師1名摂食嚥下障害看護認定看護師1名がおり法人内で活動を行っています

2015年から年に1度教育セミナー「ナウ!」を開催しています

開催された内容を掲載していますので是非ご覧ください。

認定看護師ニュース トップページ.pdf

2017年

更新日:2017.01.06 記事テーマ:看護部長のつぶやき

2017年 あけましておめでとうございます

本年で開院10年目に突入致します。

今まで以上に多職種でチームワークを発揮し、また看護の質を高める取り組みを

してまいりたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

さて、年末年始みなさんはどのように過ごされましたでしょうか?

私は愛媛県松山城へ行ってきました。今年はとてもあったかく過ごしやすかったですよ

道後温泉で日頃の疲れを癒し、帰りもそれほどの渋滞もなく良かったです。

一度はみなさんもどうぞ行ってみてくださいね。

229.jpg 229-1.jpg

今年もあとわずか

更新日:2016.12.26 記事テーマ:看護部長のつぶやき

いつも看護部のブログを見て頂いてありがとうございます。

今年も残すところあとわずかとなりましたね。みなさんは、どのような1年でしたか?

看護部では、そろそろ来年度の目標管理のためSWOT分析、BSCにと師長や主任たちと一緒に準備に取り掛かっています。また毎年、年末から来年の春に新入職者を迎えるための準備で大忙しです。

そんな中、12月17日第4回大阪府看護学会に参加してきました。口演と示説発表を1題ずつ行いました。発表者は「緊張しました~」と言っていましたが、結構堂々と発表できており、感心しました。質疑応答については、まだまだ訓練が必要ですね。

さらに、つくりまし展には『便利~なポケット』を出品、車いすで移送時に必要物品を入れるポケットを作成しました。多くの方に興味をもって見て頂きましたが、残念ながら優勝できませんでした。きっと2位だったんだぁ~とみんなで健闘を称えあいました

そして、そのまま病院の忘年会へ消えて行ったのでした

227.jpg227-1.jpg227-2.jpg

227-3.jpg

院内感染防止対策委員会の紹介

更新日:2016.12.19 記事テーマ:院内教育・研修

院内感染防止対策委員会の紹介をさせていただきます

毎月、院長や各部署の代表が集まって委員会を行っています。通常は月1回ですが、院内でインフルエンザの発症などがあった場合は臨時で開催されます。

 冬季は、インフルエンザやノロウィルスが流行する嫌な季節ですね入院中の患者さんがそれらに罹患すると、リハビリが中断してしまいます入院期間は限られていますので、1日も無駄にはできません。

 そのためリハビリ室や病棟の換気や掃除、同法人内の感染管理認定看護師と院内のラウンドを行っています。寒い日の換気は、とても辛いですが患者さんにも理解していただき毎日続けています

 この時期は特にマスクをしている人が増えますね。しかし、マスクを着けていると表情がわかりにくく、スタッフの素敵な笑顔も隠れてしまいます。当院では風邪をひいていたり家族がインフルエンザにかかっている場合は、マスクをしていますがそれ以外はほとんど着けていません。

 感染予防の基本は、手洗い・うがい・換気そして、「よく食べてよく寝る」ストレスも発散しながら抵抗力をアップさせましょう

転倒転落抑制防止委員会の活動

更新日:2016.11.24 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは

今回は転倒転落抑制防止委員会の活動を紹介します

私たちは各病棟より看護師・介護福祉士11名の委員会メンバーにて、日々活動しています。

転倒や転落事故を未然に防ぐためにベッド周りの環境の確認を行ったり、スタッフには

看護・介護技術の研修や啓発を行いながら、転倒転落に関するデータのチェックを行い

検討しています。

その他に、適切な安全対策が行われているか病棟をまたいでラウンドし、改善できることがないか検討や確認を行っています。また、安全対策に関するデータのチェックし検討しています。

これからも患者様が安心安全にリハビリテーションに取り組める入院生活を送れるよう、

スタッフ一同頑張っていきます。

226.jpg

摂食・嚥下障害看護認定看護師

更新日:2016.10.13 記事テーマ:

こんにちは224.jpg

今年、摂食・嚥下障害看護認定看護師を取得した塩見です

摂食・嚥下障害とは、「食べる」過程のどこかに障害が生じることを言います。

原因は、脳血管疾患・パーキンソン病・加齢・認知症など様々です。

私の役割は、「食べる」過程のどこに問題が生じているかを観察し対応すること、患者様のリスク管理を行うこと、家族支援、スタッフへの指導・支援などです

リスク管理とは、主に、誤嚥・窒息・脱水・低栄養への管理になります

食形態の選択、食べる姿勢、食べ方、栄養状態の確認など、対応は多岐にわたります。

そのため、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・病棟スタッフ・栄養士などとの連携を日々行い、対応しています

 高齢化社会が進むと、摂食嚥下障害の患者様も増えることが予測されます

高齢者の楽しみの一番は、「食べること」と言われていますのどが渇いても、お茶が飲めない、好きなものを味わうことができない・・・本当に苦痛なことです

介護している家族様も、「口から好きなものを食べさせてあげたい」という思いを強くもたれます。

摂食嚥下障害があっても、少しでも「口から食べることができる」「食べたいものが食べることができる」「安全に食べることができる」を目標に他職種と連携し、「食べる喜び」を再び持っていただけるよう活動しています。

主任会

更新日:2016.09.20 記事テーマ:看護部の活動

日中はまだまだ暑いですが、朝晩は過ごしやすくなってきましたね

皆さま、体調崩しておられませんか?

今回は主任会の紹介をします

主任会は看護師4名、介護福祉士3名で活動し、スタッフのやりがいの支援や新人教育、業務改善などに取り組んでいます。

少人数なので、各階で情報交換しやすく、問題があればすぐ業務改善できています。

病棟師長やスタッフと協力して、業務改善を行ったり職場環境を整え、患者さんに良いケアを提供できるよう頑張っていきます

222-5.jpg

    

久しぶりのお盆休み

更新日:2016.09.09 記事テーマ:看護部長のつぶやき

1泊2日でいざ鳥取県へGO

鳥取砂丘は2度目ですが、真夏に行ったので暑くて暑くて汗が止まりません

 しかも、履き替える靴を忘れサンダルではとても歩けない状態で、ラクダにも乗れず、残念

 夕食は湖の見える旅館でアワビやのどぐろ、鳥取牛やお刺身と豪華に食していると、オーナーがやってきて「本日とれたマグロの仲間で赤みの魚をお寿司にしましたので、どうぞ」と一人4貫ずつ頂きました。ラッキー

2日目は境港の方まで足を延ばし、水木しげるロードや島根県との境界にある車のCMで有名な『べたふみ坂』を通り、観光客に紛れた2日間でした。

220.jpg220-1.jpg

220-2.jpg

摂食・口腔ケア委員会 

更新日:2016.07.23 記事テーマ:看護部の活動

 

 今月は、摂食・口腔ケア委員会の活動を紹介します

摂食・口腔ケア委員会では、摂食嚥下障害患者様のリスク管理や、高齢者の誤嚥性肺炎予防のリスク管理ができるように日々活動しています

摂食嚥下障害を引き起こす疾患には、脳卒中・パーキソン病・脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、廃用症候群などたくさんあります。高齢者も、全身の筋力低下などから摂食嚥下障害を引き起こすことがあります。

摂食嚥下障害のリスク管理は、①誤嚥 ②窒息 ③脱水 ④低栄養です。

これらを予防できるように、日々の食事摂取の観察、口腔ケアの実施、ポジショニングの実施などを行っています。また、委員会メンバーだけでなく、他のスタッフもリスク管理ができるようにするにはどうするかを、委員会で話し合っています。

「食べる楽しみ」は、人生の中でとても重要です。患者様が、安全に食事を食べていただけるように、これからも活動していきます

香芝生喜病院 見学

更新日:2016.07.13 記事テーマ:看護部長のつぶやき

今日は七夕

各病棟ではにぎやかに七夕会が開催されており、毎回好評です。

短冊には、患者さんや職員それぞれの思いを書いて願っています。その模様は看護部のブログで更新されると思いますので、ご覧くださいね。

ちなみに私も書きました。「患者様が一日も早く、笑顔で在宅復帰ができますように」と。

さて、H29年4月奈良県香芝に藤井会グループとして、香芝生喜病院が新たに開院します。

建設業者のみなさんも暑い中本当にご苦労様です。

まだ工事中真っ只中ですが、中を一部見学することができました。

まだまだ完成までこれからですが、楽しみです。

当院回リハも負けてられません!今年度の診療報酬改定に伴い、厳しい状況ではありますが、目標に向かって全員で頑張ります。

香芝生喜病院の内装の一部です。

217-8.jpg217-7.jpg217-9.jpg

薬剤委員会活動

更新日:2016.06.06 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは今回は、看護部薬剤委員会より活動を報告します

入院中だけでなく、退院後も患者様自身で内服管理ができるような方法を提案し、訓練を行っています。

自己管理の方法は、カレンダー式の薬入れを使用したり、1日分ずつの箱を使用したりと、患者様のお体の状態や生活状況に合わせて、患者様やご家族の希望を取り入れながら進めています。また、看護師だけでなく作業療法士や言語聴覚士と話し合い、患者様にとって最適な方法を提案しています。

それ以外にも、看護師が薬の確認や準備を、正しい方法で行っているか確認するなど、医療事故防止のための活動も行っています。

患者様の合併症予防と健康維持に欠かせないお薬も、一つ間違えると重大な事故につながりますので、安全に内服管理を行っていけるようにスタッフへの指導も行っていきます。

いよいよ梅雨に入り、蒸し暑い時期が来ました

水分摂取を心掛け体調管理には気をつけましょう

ごあいさつ

更新日:2016.05.20 記事テーマ:看護部長のつぶやき

新緑がさわやかな季節になりましたね。

はじめまして、3月16日より看護部長に就任いたしました柳田です。

当院は、本年4月で9年目を迎えました。看護部は、回リハ10項目を達成するために様々な委員会活動を活発におこなう中で、自律したプライマリナースとケアワーカーを育成しています。そして、患者さまやご家族に安心と信頼できる環境で一日も早く在宅・社会復帰をしていただけるよう、ますますチームアプローチを充実させてまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

214-1.jpg214-2.jpg

回復期リハビリテーション病棟協会研究大会

更新日:2016.03.16 記事テーマ:看護部の活動

3月4日5日に沖縄県宜野湾市で回復期リハビリテーション病棟協会主催の「第27回研究大会in沖縄」で看護師の安田が研究発表をしました。大会の2日間は雨でしたが、過ごしやすい気候でした。会場の周りにはピンクや薄紫の可愛い花がたくさん咲いていました

この研究大会は、回復期リハビリテーションに携わる医療関係者が集まる研究大会で、今回の研究発表は820演題集りました。

大会1日目に「A回復期リハビリテーション病院の褥瘡発生の傾向-褥瘡発生とブレーデンスケールの項目得点との要因-」というテーマで発表しました。

看護部NST・褥瘡チームは褥瘡発生予防対策について中心となり活動していますが、当院の褥瘡発生の傾向を明らかにすることで、褥瘡発生の予防に努めます

研究大会に参加することで、他施設の看護師・介護福祉士の発表を聞く機会が持て、他施設の取り組みを参考にすることができます。これからも質の高い看護の提供を目指します。

210.jpg

看護記録委員会

更新日:2016.02.16 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは。

寒い日が続き、インフルエンザも流行していますが体調はいかがですか

手洗いうがいをしっかり行い予防していきたいものです

さて今回は看護記録委員の活動のひとつを紹介します

看護必要度ってご存知ですか

入院患者に提供される看護のケア量を数値化し、評価するものです

正式には「重症度、医療、看護必要度」といいます。

入院時と退院時に患者様の状態を、評価表に沿って評価します。

評価には、患者様の状態を適切にとらえた看護記録の記載が必要です。

看護師全員が正しく評価できるよう院内研修を行いますが、その後、看護記録委員が確認のテストを作成し、年2回全問正解するまでチャレンジしてもらっています。はじめは合格するまで何度も何度もため息をつきながら受けていたスタッフも、今では1発合格できるようになってきました

 

入院時の記録も、看護必要度の評価とあった記録が書けているか、院外の看護必要度評価者研修の修了者が監査を行い、記録委員よりフィードバックしています。

これからも患者様の状態を的確にとらえ、看護記録に適切に記載できるよう指摘しあって頑張っていきます

207.jpg207-1.jpg

認定看護管理者・認定看護師共同セミナー

更新日:2016.02.09 記事テーマ:看護部長のつぶやき

2月6日(土)に石切生喜病院看護部主催の「認定看護管理者・認定看護師共同教育セミナー」が開催されました。

藤井会リハビリテーション病院からは、認定看護管理者の私と脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の小川が日頃の活動を発表しました。法人内の施設の看護部長や師長たちも集まる中の発表で、いつもとは違う緊張感でしたが、意見交換も活発で有意義な1日でした。当院には現在、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が1名ですが、法人内の認定看護師とも連携し、質の高い看護を提供していきたいと思っています。

 

206.jpg

206-1.jpgのサムネイル画像

クリスマス会

更新日:2016.01.04 記事テーマ:看護部の活動

当院では、日々リハビリテーションに取り組む患者様に気分転換と季節を感じて頂くために七夕会、クリスマス会を企画しています

去年12月に行いましたクリスマス会の様子をご紹介します

今年はリハビリ効果が期待できるゲームを各病棟行いました

ゆらゆら短冊落としゲーム、旗揚げゲーム、後出しジャンケンゲームをそれぞれ行い、患者様、スタッフが一緒になり、盛り上がりました

また各階でハンドベルも行いました

参加するスタッフと勤務があわず、練習する時間が少なかったのですが、当日無事にハンドベル演奏を終えることができました

また、楽しかった、よかったという声もたくさん聞けました

次の七夕会も頑張ります

195.jpg

196.jpg197.jpg

看護部感染防止委員会

更新日:2015.12.22 記事テーマ:看護部の活動

今年も早いことにもう12月となりましたね

随分寒くなり、朝布団から出るのが辛くなってきました

風邪も引きやすいこの季節、特に注意したいのがインフルエンザです。

皆さんインフルエンザの予防接種はすみましたか

当院でもインフルエンザの予防接種を患者さま、職員に実施しています。

委員会では、毎月院内ラウンドを行っていますが、2か月に1回、石切生喜病院の感染管理認定看護師も参加してもらっています。また患者さんや面会される方がインフルエンザ予防対策の意識を高めてもらうため、11月から新たにポスターを作成し掲示しました

そしてもうすぐクリスマスですね当院でも各階クリスマス会が行われます

今はその準備中です。デイルームにはとても綺麗なクリスマスツリーが飾ってあります

患者さんは毎日そのツリーを見ながらクリスマス会を楽しみにされています

194.jpg

195.png

大阪府看護学会

更新日:2015.12.14 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは今年も残りわずかとなってきました大掃除進んでいますか

今回、第3回大阪府看護学会に参加してきました

「知恵をしぼってつくりまし展」で、当院の車イス用トイレの「空」「使用中」の表示、「はいってまスライダー」を発表してきました

「知恵をしぼってつくりまし展」は、日常の看護・介護ケアを通じて看護者の発想で生み出された看護・介護用品を発表する場です。

当院では、日々患者様が、安全に入院生活が送れるように看護・介護しています。

特に介護福祉士のみんなは、患者様が困らないように、どうしたら、自分で出来ることを増やすことができるか考えています。

 「はいってまスライダー」は介護福祉士が考えて作成しました。みなさんが興味をもってくれるかドキドキでしたが、たくさんの質問やクオリティーが高いと誉めていただき、とても、有意義な時間となりました

 今後も、日常の看護・介護で生み出し作品を発表していきたいと思います

191.jpg192.jpgのサムネイル画像

193.jpg

新人研修 内服の取り扱い

更新日:2015.11.10 記事テーマ:院内教育・研修

秋も深まって寒くなってきましたね

冬服を出したりこたつを出したり大変でしたが、みなさん冬支度はお済みですか

このたび新人ナース対象の内服の取り扱いに関する研修会を行いました

インシデントの事例を医療安全委員の師長より教えていただきました

内服を扱うにあたり大切なことは何でしょう

178.jpgのサムネイル画像

Right drug : 正しい薬剤

Right dose: 正しい量

Right route:正しい方法

Right time:正しい時間

Right patient:正しい患者

そして内服の確認方法、準備方法を手順にそって実際に行ってみました

ひとつひとつ確認です

緊張しながらセットです

内服薬の小テストも行い全問正解できました179.jpg

回復期リハビリテーション病棟では、患者さまの合併症予防、健康維持のため内服管理は重要です。看護部ではこの研修修了後に新人ナースも服薬指導、管理を実際に行っていきます

琳派展に行ってきました!

更新日:2015.11.02 記事テーマ:看護部長のつぶやき

だんだんと秋らしくなってきました大阪は桜の木が赤く色づき出したところです

この日曜に、国立京都博物館の琳派展へ行ってきました

朝、8時過ぎには到着しましたが、もうすでに長蛇の列9時半開館というのに大人気です待っている間も、どんどん列は伸びていき、博物館をほぼ1周する勢いでした

開場して、他の展示は後回しで、お目当ての風神雷神の部屋へ11月8日までは俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の3人のそれぞれの風神雷神が一つの部屋に度迫力で展示されています3人のが一斉にそろうのを待ってこの日にやってきました私は、レプリカを建仁寺で見たことしかなく、今にも雲から降りてきそうな風神と雷神を見て本当に感動しました日々の業務も忘れ、リフレッシュできました

帰りは風神雷神のグッズを買い、満喫した秋の京都でした177.jpg

当院からは、近鉄電車で京都にいくことができます病院見学の際に足をのばしてみてくださいね

看護部転倒転落防止委員会

更新日:2015.10.13 記事テーマ:看護部の活動

最近はすっかり秋めいてまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今回は転倒転落防止委員会の活動を紹介します

各病棟より看護師・介護福祉11名の委員会メンバーにて、日々活動しています

171.jpg

転倒や転落事故を未然に防ぐためにベッド周りの環境の確認や看護・介護技術の研修や啓発を行いながら、転倒転落に関するデータのチェックを行い検討しています

その他に、適切な安全対策が行われているか改善できることがないかの確認を行い

安全対策に関するデータのチェックを行い検討しています

また、患者様の外出・外泊時や退院後の生活において転倒転落が起こらないように

注意する点の説明方法などの検討も行っています

これからも患者様が安心安全にリハビリテーションに取り組める入院生活を送れるよう、

スタッフ一同努力していきます

シルバーウイーク

更新日:2015.09.25 記事テーマ:看護部長のつぶやき

みなさんシルバーウイークは、どのように過ごされましたか164.jpg

私は奈良県の明日香村をゆったり散策してきました

写真は、甘樫の丘の頂上から明日香村を見下ろした風景です

この甘樫の丘には、蘇我入鹿の邸宅があったとされています

近くには石舞台や、飛鳥寺、亀石など歴史好きにはたまらない史跡などが盛りだくさんあります。私の奈良の大好きな場所のひとつです

当院からも、近鉄電車で、日帰りでいくことができます

日頃の慌ただしさも少し忘れ、リフレッシュできたシルバーウイークでした

                   今井 緑

主任会

更新日:2015.09.19 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは

162.jpg

9月は当院の主任会の活動を紹介します

私達は看護師主任・主任代理5名と介護福祉士主任3名で活動しています

自部署・他部署のラウンドや、委員会の委員長として運営の実施、教育委員会にも所属し、新人教育や現任教育にも力を入れています

それぞれ階は違いますが、お互いの階に行き来し合って、患者様に安全に過ごしていただける様な環境が整っているか、整理整頓が出来ているかなど指摘しあってより良い環境作りに取り組んでいます。

これからも、患者様が安全に入院生活を送って頂ける様、主任会の活動を頑張っていきます

163.jpg

日本看護学会に参加してきました

更新日:2015.09.14 記事テーマ:看護部の活動

今回、福岡での第46回日本看護学会-看護管理-学術集会に看護部長と参加したので報告します

新大阪から博多まで新幹線でいきました博多駅でタクシーに乗り福岡国際会議場に向かったのですが、タクシーの運転手の話が止まらず、福岡の人は話好きなのだと驚きながら会場につきました

1日目は、元シンクロナイズドスイミング銅メダリストの田中ウルヴェ京さんの講演を聞きました。ストレスの受け取り方などの話でしたが、とても話し上手で楽しく聞けました午後から、「安全対策フローシート用いたラウンドの実施」という内容でポスター発表させていただきました日頃行っている看護や対策が患者さまの安全に効果があるのか、研究した内容を発表しました。色々な施設の方から質問があり緊張しましたが、いい機会となりました。

2日目は、10月から施行する事故調査制度のシンポジウム、看護サービスの演題発表に参加しました。またJR九州の青柳社長の「ななつ星」や「或る電車」などの豪華観光列車の裏話など聞けました

その他にも色々な講演が聞け、楽しい学会となりました。学んだことをどう今後の管理に活かしていくか考えていきます。        

 看護師長 浅越 有美

159.jpg160.jpg161.jpg

                                       夕食で食べたイカのお刺身

多重課題シミュレーション

更新日:2015.08.26 記事テーマ:院内教育・研修

残暑厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏ばてなどしていませんか

暑さに負けず、今月も新人看護師の研修を行いました

今回は、「多重課題シミュレーション」の研修です

この研修は、夜勤を想定し、いろんな患者様からの訴えに、優先順位を考えて、どのように対応すればよいかを考える研修で、毎年新人看護師のドキドキが止まらない研修です

まずは胸痛を訴える患者様、そして尿意の訴えがあったり、眠れないと訴えがあったり・・・

新人看護師たちは意外な対応をして、指導する方も戸惑いましたが、優先順位を理解し、応援を呼ぶこともでき、とても頑張っていました

患者様役は3年目の看護師で、患者様の訴えを見事に演じてくれたので、とてもリアリティあるシミュレーション研修になりました

158.jpg

新人看護師たちは、「パニックになってしまった」「経験値になった」と感想を述べています。

また3年目看護師たちは急変が重なった時の体験話に、新人看護師たちは熱心に聞き入っていました

157.jpg

これからも患者様の安全を考え、どんな状況でも患者様一人一人に向き合った看護ができたらいいですね。

記録委員会

更新日:2015.08.24 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは

今回は記録委員会の活動を紹介します

155.jpg

当院は必要な援助がもれなく行われるよう標準看護計画に沿って、項目ごとに評価し計画立案しています

個別性に応じて疾患別や症状別の記録もあり、適切に記載されているかチェック項目に沿ってチェックします。

チェックした事が記録した本人に伝わるしくみ作りも行いながら、質の向上にむけて取り組んでいます。

また、当院では、介護福祉士も看護師と共に患者様を受け持ち、看護・介護計画に沿ってケアを行っています。行ったケアや、患者様の様子は日々記録に残しています。私たち介護記録委員会は介護福祉士4名で構成されており、日々の記録が適切に書かれているか、介護計画の評価見直しが出来ているかなど、確認をします。今年度より活動を始めた委員会ですが、委員会メンバーを中心に日々成長できるよう頑張っていきたいと思います

156.jpg

七夕会

更新日:2015.07.17 記事テーマ:看護部の活動

今回は、先日行いました七夕会のご様子を紹介します

当院では日々リハビリに取り組まれている患者さまに気分転換と季節感を感じて頂くため

ケアワーカーを中心としてレクリエーションを企画しています

今年も3病棟それぞれプログラムを工夫して

3階病棟は輪投げ、4階病棟はボール運び、5階病棟は盆踊りを行いました

当院では、毎週レクリエーションを行っていますが

七夕会のような多くの患者さまに集まって頂き、行うレクリエーションは

普段よりも盛り上がり、患者さまたちに楽しんで頂けました

これからもスタッフ一同、患者さまが安心してリハビリができる環境を提供できるよう、

さらなる工夫をして頑張っていきます

次はクリスマス会です

144.jpg     145.jpgのサムネイル画像   146.jpg

夜勤シミュレーション研修

更新日:2015.07.14 記事テーマ:院内教育・研修

教育担当の川添です

4月に入職した新人看護師も、あっという間に3か月が過ぎました

今は、日勤以外の早出や遅出の不規則勤務もプリセプターと一緒に行ってます。

そして、7月の後半からはついに「夜勤」が始まります

今回は、それにあたって夜勤シミュレーション研修の様子をお伝えしますね。

まずは、夜勤開始前の心構えについて

プリセプターの先輩からも、夜勤前の不安や夜勤中に注意したことなどを色々話してもらいました。

私自身の初夜勤は、あれこれ何十年も前ですが・・・

あの頃、寮生活だった私は夜勤をトップバッターで行った友達の部屋に同期で集合して色々話したのを思い出しました懐かし~

ついつい、余談でした

続いて、実際の夜勤スケジュールに沿って行動していきました。

ライトの当て方や騒音につながる足音や扉の開閉音など、どんなことに注意しながら夜勤を行ったらよいか考えながら動いていきました。

実際、暗い部屋でベッドに横になり患者さんの寝ている環境も体験してみました。

ナースコールが手元にないと、不安に感じる患者さんの気持ちを理解できました141.jpg

142.jpg

143.jpg

最後に振り返りを行って3時間の研修が、無事終了しました。落ち着いて頑張るぞ~

看護部摂食・口腔ケア委員会

更新日:2015.07.06 記事テーマ:看護部の活動

当院の摂食口腔ケア委員の活動について紹介します

当院の摂食・口腔ケア委員会は、看護師と介護福祉士とで構成されています。

本年度の委員会では、摂食嚥下障害があっても自宅に退院でき、誤嚥性肺炎を予防できるようにパンフレットを作成し、早期から患者様・ご家族様に指導ができるように取り組んでいます。また、口腔ケアが充実するように活動しています

委員会メンバーが中心となり、病棟スタッフに指導ができるように研修に参加し、委員会の中でも勉強会を実施したりしています

摂食嚥下障害の原因は、脳血管疾患・パーキンソン病・加齢などがあります。

人口の高齢化に伴い、摂食嚥下障害の患者様は増えています。また、高齢者の肺炎の主な原因は、誤嚥性肺炎と言われており摂食嚥下障害が深く関わっています。

「食べる」ことは、人間の基本的欲求であり、人生の楽しみでもあります。

当院の摂食・口腔ケア委員会は、摂食嚥下障害への対応・誤嚥性肺炎予防・患者様のQOL向上のために、委員会メンバーが病棟スタッフ・他職種と連携しながら活動しています。

摂食嚥下障害の看護の役割の中心は、誤嚥・窒息・脱水・低栄養の予防や改善になります。高齢の方が比較的多く入院されている当院では、細めに飲水をしていただくようにしています

これから、ますます暑くなっていきますので、皆様も脱水に注意してくださいね

入院受け入れシミュレーション

更新日:2015.07.02 記事テーマ:院内教育・研修

教育委員の高田です

4月に入職した新人看護師たちも、2か月が過ぎ、だんだんと業務に慣れてきました

7月から入院患者様の受け入れ業務を実施していくにあたり、今回は、「接遇コミュニケーション」と「入院受け入れシミュレーション」の研修を行いました

患者様やご家族様をお迎えするにあたって、第一印象が大切になってきます。新人看護師たちは交互に看護師役、患者役を経験し、笑顔でシミュレーションを行うことができました。

終了後、新人看護師たちから「説明することに意識が向いてしまい、患者様や家族に思うように配慮できなかった。」「接遇コミュニケーションでは改めて気持ちが引き締まった。」との評価があがりました。患者様の状態を観察するとともに、患者様や家族の緊張をほぐせるようなコミュニケーションがとれるように、頑張ってほしいです

新人看護師たちも少しずつ成長しています。

この成長を、また報告しますね

暑くなってきますので、皆さま水分をしっかりとって、夏を乗り切りましょう

139.jpg140.jpg

排泄委員会

更新日:2015.06.15 記事テーマ:看護部の活動

梅雨に入り、むし暑い日々が続きますね。

皆様、体調はいかがですか?

今回は排泄委員会の活動を報告します

排泄委員会では、退院後の生活を想定し、患者さまに合った排泄管理ができることを目的に活動しています。トイレでの排泄をめざし、オムツの着用を減らせるように援助しています。また、日々の排泄状況を把握し、オムツの種類や排泄方法を検討するカンファレンスを週1回、実施しています

136.jpgのサムネイル画像

オムツがはずせるということは、患者様の生活の質の向上につながります。そしてオムツによる皮膚のトラブルなどを少なくすることもできます。オムツフィッターの資格を持つ者がオムツの当て方の勉強会も行っています

137.jpg

トイレで排泄ができるようになって退院されると、私たちも、とてもうれしいです

これからも、退院後の生活スタイルに合った排泄を考え、スタッフ一同努力していきます。

138.jpg

薬剤委員会

更新日:2015.05.28 記事テーマ:看護部の活動

楽しいゴールデンウィークも過ぎ、時々夏になったのかと、思うほどの暑い日もありますが、体調はいかがですか

今日は、薬剤委員会の紹介です今年度はメンバーも一新し、若いスタッフにも参加してもらっています。昨年同様、患者様が退院後も安全に薬の管理ができるような方法を、メンバー全員で知恵を出し合って行きたいと思っています

また、今年度も12月に行われる大阪府看護学会で、内服自己管理についての研究発表を応募する予定しており、今から準備に追われています。

これからますます暑くなりますが、こまめに水分補給を心がけ、体調管理を行ってください。

131.jpg132.jpg

認定看護師の活動

更新日:2015.05.22 記事テーマ:看護部の活動

みなさん、はじめまして

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の小川です。

今年度から認定看護師の活動を紹介させていただくことになりました

脳卒中患者さまと、そのご家族は、ときに生命の危機に脅かされる急性期を脱し、障害を抱えながら生活することを余儀なくされ、回復期リハビリテーション病院に入院してこられます。また、脳卒中患者さまの症状は様々で、その様々な症状を持ちながらどうすれば、その人らしい生活が送れるようになるのか、看護職員をはじめ医師、リハビリスタッフ、栄養士さんなどと共に、リハビリテーション医療が円滑に進むよう取り組んでいます。

当院はプライマリーナーシングを実践しています。プライマリーナーシングの実践を通して患者さまの看護に責任を持つこと...看護職員みんなが悩みながら、良くなったことを共に喜びながら一生懸命に取り組んでいます。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、看護職員をはじめリハビリスタッフの皆さんからも適宜相談を受けながら、より良い看護の実践につながれば...と、思っています。

現在は毎週水曜日に活動日をもうけ、各病棟をラウンドし、脳卒中患者さまの相談を受け付けています。

130.jpg

認知症ケア専門士

更新日:2015.05.12 記事テーマ:看護部の活動

 この度、介護福祉士の松本が「認知症ケア専門士」の資格を取得しました

 認知症ケア専門士とは、認知症ケアに対する学識と技能、および倫理観を備えた専門技術士を養成し、我が国における認知症ケア技術の向上ならびに保健・福祉に貢献することを目的に設立された一般社団法人認知症ケア学会認定の資格となります。

 「認知症」とは、老いに伴う病気の一つで、様々な原因で脳の細胞が減少し、働きが悪く事で記憶や判断力の障害などが起こり、社会生活や対人関係に支障が出ている状態を言います。現在日本の認知症患者様は460万人と言われており、家族の方や介護に関わる方も含め、認知症に何らかの形で関わっていることと思います。

 私は、認知症の知識を深め、病院での介護に活かしたい、相談にのれるようになりたいと思い、試験に挑みました

 まだまだ経験も浅い私ですが、認知症の方や、ご家族の方へ、その人に合ったケアを提供できるように、知識を深めながら介護福祉士として頑張っていきたいと思います

看護部5.12.jpg

4月の新人研修

更新日:2015.05.08 記事テーマ:院内教育・研修

皆さん、こんにちは。教育担当の川添です

今年度当院には、2名の新人看護師が入職してくれました

緊張で迎えた4月ももう終わり、あっという間に5月です。

皆さんは、どのようなゴールデンウィークを過ごされましたか

私の近所の公園では、バーベキューをしている方たちがいっぱいでした

私は、おいしそうなお肉の匂いにつられて、この前思わず「家焼き肉」をしました(笑)

新人看護師は、と言うと・・・

教育担当の私と行動する期間も終了し、いよいよ5月からはプリセプターと一緒に行動していきます新人さんもプリセプターも最初はドキドキするかもしれませんが、一緒に成長してもらえたら嬉しいです

先日は、病棟内で脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による研修を行いました。

内容は、フィジカルアセスメント(VS測定の基本)です。

中小規模の病院だからこそ、近い距離で疑問に思ったことやもう一度説明してほしい部分など、気軽に確認しながら受けることができます。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の小川さんです。私も受け持ち患者さんのことをよく相談しています

124.png 125.png

じっくり、ゆっくり脳卒中看護を学びたい方、お待ちしています☆

ぜひ、一度インターンシップにお越しください

新緑の季節です

更新日:2015.05.07 記事テーマ:看護部長のつぶやき

みなさんゴールデンウイークはどのように過ごされましたか?

私は、奈良、山の辺の道の桜井から天理まで約16kmを歩いてきました。

山の辺の道は「日本書紀」にもその名も残っており、その道沿いには「万葉集」ゆかりの史跡もたくさんある古道です。このような古道にも少し足をのばせば当院から行くことができます。

122.jpg123.jpg

途中には「長岳寺」で満開のつつじと、かきつばたを見ることができました。いつもは、つつじだけしか見ることができなかったのですが、今回は時期もよかったのかどちらも見ごろでした。

天理の石上神宮につくころには、足は棒状態でしたが((―_―)!!)、天気に恵まれ青い空に新緑と、本当に気分がよい1日でした。また秋にも行く予定にしています。

リフレッシュして連休明けからまたがんばります!

125.jpg124.jpg

新しい仲間がやってきました!

更新日:2015.04.20 記事テーマ:看護部長のつぶやき

暖かくなってきましたね。私の家の近所では、レンゲのピンクのじゅうたんが畑を覆っています。

4月に入り、当院にも新人看護師2名、新人介護福祉士3名が仲間に加わり、2週間が経過しました。少しだけ緊張もほぐれてきたようです。看護部では5月のゴールデンウイークが明けるまで基礎技術修得期間として、教育担当師長が新人看護師と共に行動しています。だからといって、プリセプターや先輩看護師と関わらないわけでは、もちろんありません。教育担当師長と一緒に技術の手本を見せたり、練習をしたりとプリセプターや先輩看護師とも一緒に過ごしています。

新しい仲間がやってきて、私たち職員もフレッシュな気持ちになってきます。一生懸命、患者さんとコミュニケーションを取る姿、緊張した面持ちで血圧測定をする姿など、つい忘れてしまう初心を思い出させてくれます。

新人職員の一日一日の成長を楽しみに、気を引き締めて私も頑張ります

119.jpgのサムネイル画像

新年度がはじまりました!

更新日:2015.04.06 記事テーマ:看護部長のつぶやき

いよいよ新年度です。当院でも看護師2名、介護福祉士3名の入職があり4月1日には入社式がありました。それに先立ち、3月26日、27日は法人全体のオリエンテーション、30日、31日は当院でセラピスト、事務の新入職員とともに合同のオリエンテーションを行いました。今年度は、昨年から運営を開始した院内教育委員会が同期のつながりをキーワードに工夫をこらしたオリエンテーションを企画しました。

 新入職員のみなさんは、晴れて国家資格を持ち当院の一員になりました。患者さんから見れば新人もベテランも同じです。常に患者さんのためになるのかを考えて行動してほしいと思っています。

 さて、みなさんお花見は行きましたか?

 私は、京都の醍醐寺と宇治に行ってきました。醍醐寺は9時開門からすごい人で、桜というより人を見に行ったような感じでした。宇治は川沿いの桜並木がきれいで、ゆったりした風景でほっとできました。

 当院は東大阪市ですが、近鉄電車に乗り継げば京都へも気軽に行けます。これからインターンシップ、病院見学を開催しますが、その帰りに奈良や京都に足を延ばしてみてくださいね。

108.jpg 109.jpgのサムネイル画像

110.jpg

平成27年度がはじまります!

更新日:2015.03.31 記事テーマ:院内教育・研修

皆さん、こんにちは。教育担当の川添です

すっかり、暖かい季節になってきましたね。桜が咲くのも、もう間近かな

私は、家の前の公園が桜で満開になるのが今から待ちどうしいです!

と、同時に花粉症に悩まされている私です(T_T)

先月、平成26年度の年間研修が全て無事終わりホッとしていましたが、あっという間に平成27年度が始まります!!

今年度は、どんな1年になるのかドキドキわくわくです。

入職予定の皆さんは、今から緊張マックスですよね。私も、ずいぶん前の記憶がよみがえります(笑)

今年度、当院看護部では他職種チーム医療に力を入れた研修を企画しています。

年間研修については、また毎月のブログでお伝えしたいと思いますので、楽しみにしていてくださいね(*^。^*)

さっそく、4月に入ったら今年度入職する看護師のオリエンテーションが始まります。

オリエンテーションの風景などは、また次回更新時に色々アップします!

これは、昨年撮ったお気に入りの1枚です。

新入職の皆さん1人1人が、思い描く看護師になれますように・・☆

101.jpg

平成27年度看護部目標説明会

更新日:2015.03.30 記事テーマ:看護部長のつぶやき

大阪では桜が咲き始め、すっかり春らしくなりました。

看護部では毎年3月中に、4月からの看護部目標、方針を看護職員全員に説明する場を設けています。今年も3月17日、20日、27日の3回に説明をしました。

 平成27年度の看護部目標は「看護部委員会の役割を発揮し重症患者の在宅復帰率の向上を図る」です。回復期リハビリテーション病棟は在宅復帰率を回リハⅠでは70%以上、Ⅱでは60%以上の維持が施設基準の要件の一つです。医療政策として急性期病院の在院日数の短縮がありますが、それに伴い回リハ病棟への転院も早期になり、入院患者さんも重症化の傾向にあります。私たちは、どんな状態の患者さんであっても自宅退院をめざし、さまざまな視点からアプローチをしていく必要があります。そこで今年度は看護部の強みである看護部委員会活動をさらに充実させて、特に重症患者さんの在宅復帰率の向上を目指していきます。計画としては、再発、合併症予防への取り組みを中心としていきます。また新しい取り組みとして、脳卒中リハビリテーション認定看護師とともに「認定看護師会」を立ち上げ、看護の質の向上をめざします。

 2016年卒業予定の方のインターンシップも始まりました。小さな組織ですが、毎年、新しいことにチャレンジしている活気ある看護部です。気軽に見学、インターンシップに応募していただけたらと思います。

100.jpg

                  今井 緑

NST・褥瘡委員会

更新日:2015.03.17 記事テーマ:看護部の活動

まだまだ肌寒い日が続いていますが、一雨ごとに春の訪れを感じている今日この頃

皆様いかがお過ごしでしょうか

今回は褥瘡委員会の活動についてご説明させて頂きます

私たちは日々、褥瘡発生予防対策を行っています。

褥瘡回診後には会議を行い、重症患者に使用しているウレタンマットレスの種類は妥当かを検討し、ポジショニングなどについても話し合います。

褥瘡予防対策として、車椅子に長時間座っておられる患者様は座り床ずれが生じやすいため、30分毎の除圧を行います。お風呂上りには保湿ローションを全身に塗布し皮膚の保湿に努めます。栄養状態の改善のため、栄養科と連携をとり個別性にて栄養補助食品を摂取していただいています。リハビリテーション部と連携し、シーティングやポジショニングの決定も行っています。

院外の褥瘡ケアの研修にも参加し新しい知識を得、これからも褥瘡の早期治癒と褥瘡発生予防に努めていきます。

98.jpg99.jpg

回リハ研究大会

更新日:2015.03.11 記事テーマ:看護部の活動

2月26日27日に愛媛県の松山市で回復期リハビリテーション病棟協会主催の、「第25回研究大会in愛媛」に看護師と介護福祉士が研究発表をしました

大会1日目の2月26日は介護福祉士の松本が「ケアワーカーの受け持ち制についての検討」というテーマで発表をしました。当院は看護師、ケアワーカーがペアとなり患者様を受け持ち看護・介護を行っています。受け持ち体制についての現状をアンケート調査し、アンケート結果を分析した内容を発表しました。当院の取り組みに興味を持たれた他の病院から、多くの質問がありました。さらに他院のケアワーカーの発表にも、興味深いものが多くあり、チーム医療のなかでの看護・介護の重要性の再確認もできました。

大会2日目の2月27日は、看護師の安田と高田が「褥瘡発生予防対策への取り組み―看護部NST・褥瘡チームで記録監査を実施して―」というテーマで発表をしました

看護部NST・褥瘡チームは褥瘡発生予防対策について中心となって活動しています。その活動内容と結果を発表してきました。他の病院の方からもリハビリテーション部のスタッフとの関わりや、記録監査の内容について質問があり、お互いの施設の取り組みについて情報交換ができました。

今年の看護・介護委員会の教育企画は「回復期リハビリテーション病棟における看護の専門性」というテーマでした。回復期リハビリ看護の基本的な捉え方としてリハ看護の目標は生活の再構築です。その目標を達成するために回復期リハ看護の3本柱として、「基本的ケア10項目」、「健康の維持管理」、「セルフケア能力の開発」の発表がありました。回復期リハビリテーション看護は、ナイチンゲールが掲げる看護の原点でもあります。これからも私たちは患者様の生活の再構築のために、回復期リハ看護の3本柱をふまえた、回復期リハビリテーション看護・介護を提供します。

96.jpg

平成26年度役職者の成果発表会

更新日:2015.03.05 記事テーマ:看護部長のつぶやき

3月2日に毎年恒例の1年の役職者の自己の目標に対する成果発表会を行いました。

看護師長、主任、介護福祉士主任全員が集まり、模造紙いっぱいに今年度の目標とその取り組み、成果を発表しました。今まではパワーポイントを使い行っていましたが、今年度は模造紙で自由に作成しプレゼンテーションしてもらうように企画しました。

 毎年、いろいろ試行を凝らし行うのですが、目標はそれぞれちがっても、何かできどういう成果が出たのか、次年度に向けてどうしていきたいと、自分の言葉で各自がしっかりと去年よりも発表できていたのが、何よりうれしかったです。

 平成26年度は認定管理者教育課程セカンドレベル1名、ファーストレベル1名、摂食嚥下障害認定看護師教育課程1名、修了できました。学会発表では、日本看護学会看護管理で2題、大阪府看護学会で1題、回リハ研究大会で2題発表することができました。業務と両立しながら、心身ともにつらい時もあったようですが、振り返ってみてよい経験になってくれたようです。

 日頃、スタッフの指導、委員会活動など時間に追われている看護部役職者です。つい、自分の成長を気づかず、過ぎて行ってしまうことがあります。こういう節目で、今、自分は何を目指しているのかを再確認し、そして自分の成長、仲間の成長を実感してほしいと思っています。

93.jpg


94.jpg95.jpgのサムネイル画像

排泄委員会について

更新日:2015.02.28 記事テーマ:看護部の活動

今回は、排泄委員会について紹介します。

排泄委員会は、「排泄はトイレへ誘導し尿道カテーテルやオムツは極力使用しない」という方針をもとに活動しています。

セラピストと日々情報交換をし、介助方法などについても一緒に検討しています。

2人介助→1人介助→見守り→自立とADLがアップしていくと、とても幸せな気持ちになります。

 尿道カテーテル抜去後も排尿困難がある場合は、間欠的導尿を行いトイレでの自然排尿を目指しています。

 トイレ動作や排便コントロールなど様々な関わりのなかで、最善な方法は何かと考え日々活動しています。

フォローアップ研修

更新日:2015.02.28 記事テーマ:院内教育・研修

こんにちは、教育担当の川添です

最近、少しずつ暖かくなり毎晩愛用していた湯たんぽを使わずに過ごせています!

と、同時に・・・鼻がむずむずし始めて今から花粉症が心配です

今月は、先日行われた2年目看護師の看護技術フォローアップ研修の様子と看護実践発表についてお話しさせてもらいます。

看護技術のフォローアップ研修では、主に尿道カテーテルの挿入やアンビューバックの取り扱い、シリンジ・輸液ポンプの基本的操作について実施しました。

研修は、3名ずつの2グループに分かれ実施教育委員が各グループをサポートしました。

事前課題で、DVDを見てもらった影響もありイメージ付きやすかったようです

2年目看護師からは、「尿道カテーテル挿入では、もう少し感染面に気を付けて実施したい」や「ベッドに横になり患者さんの気持ちを理解できた。恥ずかしかったけど、いい経験になった」「教科書を読んでも分からなかった部分が、実技を通し理解できたのでよかった」などの意見が出ました~。

少人数なので、気軽に質問しながら、和やかな雰囲気のなか実施することができました。やっぱり、体と口を動かしながらやる実技はいいですね(*^。^*)

88.jpg89.jpgのサムネイル画像90.jpg

看護実践発表では、一年間を通しプライマリーナースとして関わった患者さんへの看護実践を振り返り発表しました。パワーポイントを使用しての発表はどきどきだったようですが、皆堂々と発表できていました。1年間の成長を感じた時間でした。

転倒転落委員会

更新日:2015.02.12 記事テーマ:看護部の活動

こんにちは。まだまだ寒い日が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は看護部転倒転落委員会を紹介します

回復期リハビリテーション病院では、集中的にリハビリテーションを受け、日常生活動作の向上と在宅復帰を目標としています。

入院中に転倒や転落で骨折などおこすと、治療のため安静が必要となり、日常生活動作の機能は落ちてしまいます。在宅復帰が難しくなるかもしれません。

そこで、私達は患者様が安全に入院生活を送れるように、転倒転落防止対策を考え活動しています。

例えば、各勤務帯の交替時間は、ラウンドしてナースコールが手元にあるか、TVのリモコンを取ろうとしてベッドから落ちないかなど、転倒につながらないよう環境の安全を確認しています。

それでも、転倒は起こります。転倒が起こった際は、出勤者で話し合いをして2回目の転倒が無いように対策を考えています。

これからも、できるだけ転倒が起こさず、安全に入院生活が送れるよう活動していきます。

よろしくお願いします。

81.jpg82.jpg

看護管理研修

更新日:2015.02.05 記事テーマ:看護部長のつぶやき

2月に入っても寒い日が続きますが、みなさん風邪などひいていませんか?

私の方は1月31日に大阪府看護協会主催の「中小規模病院の看護管理に関する研修会」で「中小規模病院だからこそできる看護管理の成果事例」の講師を担当させていただきました。200床以下の管理職のみなさんを対象に、日頃このブログでも紹介させていただいている、看護部活動の運営や新人、中途採用者教育などを約1時間、話をしてきました。

大阪府は約7割が中小規模病院であり、地域における医療、介護の拠点です。大病院に比べると小さな組織ではありますが、逆にスタッフの一人ひとりの顔が見え距離の近い組織であり、手作りの人材育成ができる強みがあります。

240名もの参加者があり、とても緊張しましたが、やはり同じ悩みを抱えている中小規模病院の管理職の方々だったので熱心に聞いていただき、本当にうれしかったです。

今回、講師を引き受け、あらためて自分の管理を振り返ることができ、勉強するいい機会になりました。そしてよい刺激になり明日から頑張ろうというパワーを逆に会場の皆さんからいただくことができ有意義な1日でした。

                      看護部長 今井 緑

2年目看護実践発表

更新日:2015.01.31 記事テーマ:院内教育・研修

こんにちは今年初めてのブログ更新です

今年も多くの方々にブログを通して、当院看護部の教育についてお伝えできればと思っていますので、よろしくお願いします。

寒さも厳しい毎日ですが、みなさん体調はお変わりないでしょうか

私は、毎日湯たんぽが欠かせません(笑)

今月は、年度末に計画している看護実践発表について少しお話します。

当院は、1人の患者さんを1人の看護師が入院から退院まで責任を持って受け持ち看護過程を展開するプライマリーナーシング制をとっています。

看護実践発表の対象は、主に新人看護師と2年目看護師です。一年間をかけ、受け持ちした患者さんのなかで1人の患者さんに焦点を当て自分の看護を振り返り発表します。

私自身も、2年目看護師の指導を行いましたがなかなか普段の業務を行いながらでは気づくことができなかった看護に対する思いや、患者さんとの具体的な言葉のやりとりやエピソードを聴き、心が温かくなりました。

指導のなかで、2年目看護師からは度々「思っているけど、なかなか言葉にできない、文章にできない、難しいです(T_T)」という言葉を聴き「ほんまやね~」といいながら進めていきました。看護は、見えない分思いを言葉して伝え合ったり語り合ったりすることが、大事だな、と改めて感じました。

考え、文章にすることの難しさを感じながら、ついに年度末の看護実践発表の冊子が完成しました

発表は2月に予定しています。実際に発表を行った看護師のコメントなども載せていきたいと思いますので、ぜひまたご覧ください

79.jpg

80.jpgのサムネイル画像

後、2・3月と就職説明会に参加します。ブログを見て頂き少しでも興味をもっていただいた方、ぜひ当院のブースにお越しくださ~い。お待ちしています

高次脳機能障害ケアチーム

更新日:2015.01.30 記事テーマ:看護部の活動

毎日厳しい寒さが続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか

今回は高次脳機能障害ケアチームの活動を紹介します

みなさん高次脳機能障害ってご存知ですか?

高次脳機能障害とは、大脳の部分的な損傷により、日常生活を送るために必要な言語、記憶、理解、判断、注意、学習、行為、感情などの機能に障害が起こった状態をいいます。

高次脳機能障害ケアチームは、

高次脳機能障害の患者様のケアの向上を目的に、

転倒や離院についての安全対策と、レクリエーションを担当しています。

高次脳機能障害の患者様の転倒率は高く、

患者様が転倒しないように、カンファレンスを行い、様々な安全対策を考えています。

デイルームでは、ラジオ体操、日本昔話のDVD鑑賞などをして、気分転換を図り、

患者様が入院生活を楽しみながらリハビリに取り組めるように工夫しています。

レクリエーションは、週に1回カレンダーの作成、歌、ゲームなどをしています。

お正月には紅白歌合戦を録画上映して、患者様にとても喜んで頂きました

インフルエンザも流行っています。

みなさん手洗い、うがいはしっかりと行ってくださいね

明けましておめでとうございます!

更新日:2015.01.05 記事テーマ:看護部長のつぶやき

新年明けましておめでとうございます。

みなさん、年末年始はどうお過ごしでしたか?近畿地方はこの三が日とても寒く

雪もちらほら降っていました。

当院も今年は8年目に入ります。

初心にもどり、さらに看護部の質をあげるために努力していきます。その様子や当院周辺の状況等、ブログで紹介していきます。

本年もよろしくお願いします。

今井 緑

67.jpg

       6階職員食堂の鏡餅です

クリスマス会

更新日:2014.12.30 記事テーマ:看護部の活動

当院では、自宅復帰に向けて毎日、リハビリテーションに取り組む患者さまが少しでもリフレッシュできるように七夕会、クリスマス会を毎年、企画しています。ケアワーカーがリーダーシップをとり看護職員が協力して、行っています

今年も12月に3病棟でクリスマス会を行いました

「しあわせならたたこう」と「後出しジャンケン」の二つのゲームを企画し、各階で実施しました患者さまにも好評で、スタッフ一緒になり、盛り上がりました

笑顔いっぱいのクリスマス会でした

65.jpgのサムネイル画像

66.jpg

3年目フォローアップ研修

更新日:2014.12.26 記事テーマ:院内教育・研修

皆さん、こんにちは教育担当の川添です

早いもので、もう12月も下旬ですね。カレンダーも最後の1枚となりました。

新しいカレンダーの準備は、もうお済ですか

私は、気に入るカレンダー見つからずまだ購入できていません

今回は、12月の上旬に行った3年目看護師対象の「輸液ポンプやシリンジポンプの取り扱いのフォローアップ研修」様子について、お話しさせて頂きます

参加メンバーは6名で、3名ずつ2グループに分かれて行いました

グループには、1名ずつ指導者が入りサポートしてくれるので安心

何でも自由に質問しながら、進めることができます。少人数だからこそ、できる研修内容かな、と思います。

参加メンバーは、最初ほ機械に少し緊張気味でしたが、徐々に緊張もほぐれていったようで中盤では・・・

「へ~こうするんだ」「アラーム鳴ってるけど、なんで~」「あ、ここが原因か

など、メンバー同士で相談しながら色々な発見の中学びを深めることができました。

63.jpg64.jpgのサムネイル画像

次回、また研修の様子など更新しますので、ぜひ見てください

最後まで、読んで頂きありがとうございます

今年最後の更新となりますが、皆さん素敵な年末年始をお過ごしください

薬剤チーム

更新日:2014.12.12 記事テーマ:看護部の活動

早いもので、今年も残すところ20日あまりとなりました

ますます寒さも厳しくなっていますが、皆さん体調はいかがですか

本日は、看護部の委員会のひとつ、薬剤チームの紹介です

入院中の患者様の多くが、様々な病気を抱えています。

患者様が体調を崩すことなく毎日のリハビリを行い、退院後も健康維持のために、薬を飲むことが大切です

そのため、薬剤チームでは間違いなく安全に、薬の投与ができるような、看護師の配薬システムの検討や指導をしています。

また、退院しても患者様自身で、薬の管理を行っていけるような方法も、患者様やご家族と相談しながら検討しています。

薬の飲み間違いは、患者様のお体に大きなダメージを与えかねません。

そのような事が起こらないためにも、私たち薬剤チームの責任は重大です。

入院中に薬の管理に慣れて頂き、患者様に合った方法で安全に管理してもらえるように、これからも活動していきます。

年末に向けて、楽しいイベントも盛りだくさんの方も多いと思いますが、インフルエンザやノロの予防に、うがいや手洗いをしっかり行ってくださいね

62.jpg

大阪府看護学会

更新日:2014.12.09 記事テーマ:看護部の活動

すっかり寒くなってまいりました

あたたかくして過ごされていますか

このたび126日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で行われた第2回大阪府看護学会へ参加してきました

当院から「回復期リハビリテーション病棟の内服自己管理に関するインシデント分析」

についてポスター発表しました。

質問も多数いただき、たくさんの方にご清聴いただきました

今後も患者様の内服自己管理に向けての援助方法と評価方法をより安全に適切に行える研究を続けていきたいと思います

またたくさんの研究発表や講演、シンポジウムと盛りだくさんで、全て回りきることはできませんでしたが、たくさんの学びを得て有意義な1日となりました

61.jpg

もうすぐクリスマス

更新日:2014.12.05 記事テーマ:看護部長のつぶやき

 あっという間に12月です当院では、クリスマスを残念ながら病院で過ごす患者さまが少しでも季節が感じられるように、いろんなところで飾り付けをしています

 また3病棟では、職員の力を合わせクリスマス会の準備を始めていますおそらく次に更新するブログではクリスマス会の模様をお伝えできると思います。

54.jpg また部長室にもクリスマスのオブジェを12月から置きましたいつも、師長さんたちは病棟運営に責任がかかっていますが、これを見てほっとしてくれたらと思っています

今井 緑

55.jpg56.jpg

2年目看護師技術研修

更新日:2014.12.01 記事テーマ:院内教育・研修

皆さん、こんにちは教育担当の川添です

すっかり、秋も深まり紅葉も見ごろを迎えていますね

今回は、12月に予定している2年目看護師の看護技術研修についてお伝えします

当院では、教育委員会のメンバーを中心に研修担当を決め院内研修の運営を行っています。

53.jpg

12月の2年目研修では、主に酸素吸入、輸液ポンプやシリンジポンプなどのME機器の取り扱いを予定しています。

グループに分かれて、実際に手に取り操作方法を学びながらシミュレーション形式で行っていきます。

研修を企画する中で、大切にしていることはできる限り参加型の研修にすることと研修後に参加メンバーで振り返りを行うことです

振り返りの時間では、お互いの気づきや学びについて意見を出し合ってもらっています。

「○○さんのこんなところよかったよ、こんな考えもあるんだ~」など毎回新しい発見につながっているみたいです

座ってただ聴いている研修では、イメージも湧かずなかなか理解できないことも多いと思いますので、やっぱり体全体を使って考えることって大切ですよね

研修の様子は、次回12月に更新しますので、ぜひ見てください

ますます、寒さも厳しくなりますが、みなさんも体調にはお気を付けください

日常生活機能評価チーム

更新日:2014.11.27 記事テーマ:看護部の活動

  いよいよ寒くなってまいりました

   冬支度はお済みでしょうか

   今回は、看護部委員会の中の「日常生活機能評価チーム」について紹介します。

    回復期リハビリテーション病棟の診療報酬算定では、患者様に提供されるべき看護の必要量を測る指標の[看護必要度]のなかの「日常生活機能評価」を入院時評価し重症度を測定します。入院料Ⅰの算定では重症率30%以上、入院料Ⅱでは20%以上を維持する必要があります。

    平成26年度の診療報酬改正でも評価項目が見直され、評価に沿った援助の根拠を看護記録に残すよう定義されています。

   

    私たちチームでは、これらの評価が的確に行われているか、看護記録と評価表を

   監査することをはじめ、院内研修、筆記テストなども行っています。

    3病棟より各1名と委員長、計4名で活動しています。

48.jpg

奈良の紅葉

更新日:2014.11.25 記事テーマ:看護部長のつぶやき

 当院の最寄駅の一つに、近鉄けいはんな線の新石切駅があります。そこから一駅の生駒駅で乗換えると奈良方面にすぐに行くことができます。

 今回、私は西大寺駅で降りて秋篠寺、平城京跡、般若時、奈良公園を周り、奈良の紅葉を家族で楽しんできました。

 秋篠寺で、私が好きな仏像のベスト3に入る重要文化財の伎芸天像を拝観しました。いつみても、癒されるやさしい表情をされています。山門では赤やオレンジのもみじが、今、まっさかりです。

 平城京跡でお弁当を食べ、般若時までひたすら歩きます。般若時はコスモス寺ともいわれるほど、時期にはコスモスで境内は埋め尽くされるのですが、今日は、時期もすぎ、コスモスがまばらに揺れているだけでした。でも、般若時は、庭園があるわけでもなく、自然な趣の寺で、穏やかな時間が流れ、疲れた体を休憩するにはぴったりの場所です。

 ゴールは奈良公園です。銀杏の黄色、もみじの赤とあちこち、彩られ、どこへ行っても「きれい」と声をただただ、あげるばかり。

 久しぶりに、一日、歩き、疲れましたが、色鮮やかな紅葉を見てリフレッシュすることができた連休でした。

 このように、当院は大阪府ですが、一駅乗れば、すぐに奈良の観光地に行くことができます。少し足を延ばせば京都にも行くことができます。来年のインターンシップや病院見学の際、奈良や京都に立ち寄ってみてくださいね。                                   今井 緑



46.jpgのサムネイル画像47.jpg

        奈良公園 大仏殿

  

秋篠寺の山門から

平成27年の目標作成にむけて

更新日:2014.11.11 記事テーマ:看護部長のつぶやき

43.jpg

すっかり秋らしくなってきましたね

11月から、看護部では、来年度の目標作成の準備にとりかかることになりました。まずは自分たちの看護部の組織分析からスタートです

 師長、主任全員で看護部理念、今年度の目標に対してSWOT分析を行います。各自が、S(強み)、W(弱み)、O(機会)、T(脅威)に対して、最低3つは付箋に書いてきて、それぞれの理由や思いを言いながら、出し合います。それらをグルーピングしていきます。

 各自が出したものに関しては、上司であろうと「おかしい」とか絶対、言わず自由な発想で行うのが、私たちのルールです。

 私はできるだけ、口を挟まず、見守ることに徹したいのですが、ついつい、一言、二言・・

 今月は分析をして課題まで出せたらと思っています。目標と出せるには、まだまだ時間がかかりますが、みんなで、みんなの思いが反映できる目標にして、来年度も生き生きとした看護部にしていこうと思っています。    今井 緑

主任会

更新日:2014.11.01 記事テーマ:看護部の活動

こんにちはすっかり秋も深まってきました

今回は主任会の紹介をします

主任会は、各階の看護師、ケアワーカーの主任、主任代理9名で活動をしています。

スタッフと一緒に業務をする中で、経験の浅いスタッフの指導や困っている事、悩んでいる事、見直しが必要な事を、月に一度の主任会で話し合い業務改善を行っています。

また、月に一度の管理者研修も開催されていて、看護部長や看護師長からの宿題付きの研修も受け日々切磋琢磨しています

時々飲み会を開き、親睦を深め励ましながらモチベーションアップを図り、患者様により良い看護を提供できるようにがんばります

42.jpg

嚥下造影検査の勉強会

更新日:2014.10.29 記事テーマ:院内教育・研修

皆さん、こんにちは 教育担当の川添です

紅葉も色つき始めすっかり季節は秋ですが、みなさんはどのような秋をお過ごしでしょうか私はめっきり食欲の秋です(笑)

今回は、先日病棟内で実施したVF嚥下造影検査)に関する勉強会についてお伝えします

言語聴覚士に講師を依頼し、実際に動く画像やパンフレットを見ながら具体的に分かりやすい説明を聴きました

その後、日々の看護を通して感じていた疑問や質問をアットホームな雰囲気の中で行い、とても楽しい学習の場となりました

リハビリ病院にとって、安全な経口摂取はとても重要なことなので、今後も他職種と協働しながら、患者さんに安全なケアが実施できるようにしていきたいです

ますます、秋が深くなり寒さも厳しくなりますが、みなさんも体調にはお気を付けくださいね

また、更新しますので、ぜひ見てください

最後まで、ご覧頂きありがとうございます

29.jpg28.jpg

記録委員会について

更新日:2014.10.24 記事テーマ:看護部の活動

こんにちわ今回は記録委員会の活動を報告いたします

記録委員は、各病棟看護師1名とケアワーカー主任1名、委員長である師長の5名体制で活動しています

記録は実践した看護ケアや関わりを結果としてカルテに残すものでとても重要です。

当院はリハビリ病院であり、3か月~半年間の入院期間中プライマリーナースを中心に看護し、ADLの向上や自宅復帰を他職種と目指しています。

よって、記録はADL に沿った援助内容を記載しており、日々内容を充実させる取り組みに奮闘中です

今年度はスタッフ間でペアとなり、お互いの看護計画を監査する事や、他職種協働カンファレンス・インフォームドコンセントでの説明内容を明確にし、患者・家族様にわかりやすく説明し、理解してもらう取り組みを行っています。

こらからも、患者様より良い看護を提供しそれを記録に残しスタッフで共有できるような記録の向上を目指していきます。 記録委員会委員長 松尾 有紀

27.jpg

初の臨地実習の受け入れ

更新日:2014.10.16 記事テーマ:看護部長のつぶやき

開院以来、初の臨地実習受け入れが始まりました。森ノ宮医療大学の3年生の老年看護学です。4クールあり、1グループ5~6名の看護学生さんが本日より元気よく、藤井会リハビリテーション病院の門をくぐってくれました。

 平成20年に開院し、7年目に当院も入りました。看護部は平成24年から新卒看護師の採用を始め、実習受け入れまで体制を整えることができました。中小規模の専門病院なので、実習の受け入れは、依頼を受けた時は少し、悩みました。しかし、後輩を育てていくのは専門職としての使命であり、そしてリハビリテーション看護の役割、やりがいを学生さんに伝えていきたいという思いから、お引き受けすることになりました。

 今日、午前中、さっそく、私からオリエンテーションを行いました。真剣な表情で、私の話を聴いてくれる姿を見て、○年前の自分を思い出しました。短い実習期間ですが、私たちも学生さんからいろいろ吸収していき一緒に学んでいきたいと思っています。

                                          今井 緑

学会発表してきました

更新日:2014.09.30 記事テーマ:院内教育・研修

皆さん、こんにちは教育担当の川添です

先日、45回日本看護学会 看護管理 学術集会発表のため、宮崎へ行ってきました~

私は「回リハ病棟における新人看護師教育の課題」について発表を行いました

もう一題、浅越師長が「他職種チームによる転倒予防対策の課題」を発表しました

全国の看護師の皆さんと、色々意見交換できる貴重な機会となりました

12.png           21.jpg


ちなみに、交流会では宮崎の『ゆるきゃら』とも会ってきました

すごく、かわいくて思わず帰りの空港でゆるきゃらグッズゲットしちゃいました(笑)


23.jpg   24.jpg  25.jpg

心配していた台風も問題なく、26.jpg

宮崎は雲一つない秋晴れでした

最後まで、見て頂きありがとうございます

また、更新しますのでぜひ見てくださいね

日本看護学会に参加してきました

更新日:2014.09.30 記事テーマ:看護部長のつぶやき

 92526日と宮崎県シーガイアコンベンションセンターで開催された日本看護学会、看護管理に参加してきました。当院から2題ポスター発表を行いました。

 坂本すが日本看護協会会長の「看護管理の進化と深化」の特別講演で、「もう病院のランク付けの時代は終わった、地域でどの役割を担うのか、そして管理者は主体的に地域で発言していくことが新しいマネージメントだ」との言葉に刺激を受けました。当院は回復期リハビリテーションの専門病院です。地域に貢献していくためには管理者としてどのように動いていくのか、あらためて自分を振り返って考えていきたいと思います。

8.jpg

 学会後は宮崎市内にでて、フルーツパーラーでマンゴーパフェを満喫しましたぺろりでした

9.jpgのサムネイル画像

リハ訓練・指導チームの活動

更新日:2014.09.24 記事テーマ:看護部の活動

看護部では、回リハ看護・介護の質の向上をめざし院内委員会以外に看護部内で小グループの活動を行っていますこのブログでも順次、活動をアップしていきたいと思っています

「リハ訓練・指導チーム」は今年度から新しく活動を始めました。活動の目的は「病棟訓練の技術向上、家屋訪問の質向上」をあげています

各病棟から、卒後3年目の看護師・介護福祉士を中心に9名で活動しています

活動内容は、色々ありますが最も力を入れているのが、看護部スタッフによる病棟リハビリです。担当セラピストとプライマリーNS・介6.jpg護福祉士が相談して開始しています

立ち上がり訓練から歩行練習まで患者さんの状態に合わせて行っています

患者さんの在宅復帰を目指して、日々みんなで頑張っています

サードレベル「実践報告」に参加して

更新日:2014.09.20 記事テーマ:看護部長のつぶやき

サードレベル「実践報告」に参加して

 919日に大阪府看護協会2014年度認定看護管理者教育課程サードレベルの「看護経営者論」の演習に「実践報告」の講師として参加してきました。

 私は大阪府看護協会のサードレベルの1期生です。サードレベルで事業企画書を立案したのを実際に実践してどうだったかを同期1名の方とともに発表し、そのあとグループワークにも入り、受講生方々と意見交換をしてきました。

 受講生方々の熱心な様子をみて、2年前の自分を思い出しました。レポートに追われ、寝不足できつかったとこ、プレッシャーで押しつぶされそうになっていたこと、たくさんの仲間と毎日、日ごろの現場では話せない何気ない話題で大笑いしていたことなど。

 サードレベルの受講は近畿では神戸にもあります。でも大阪ではここでしか作れないネットワークがあります。私も本当によい仲間がたくさんできました。今も定期的に勉強会と称し飲み会を開催しています。

認定管理者の取得が管理者としての新たなスタートです。謙虚に日々、1歩ずつ前進していきたいと思います。

看護部長 今井 緑

10.jpg

8月研修風景

更新日:2014.09.11 記事テーマ:院内教育・研修

皆さん、こんにちは

教育担当をしている川添です

8月も終わり、朝夕の風が涼しくなってきましたが、体調など崩されたりしていないでしょうか

8月の研修が無事終了しましたので、お知らせします

今回は、転倒シミュレーション急変シミュレーション

の2つについて、ご紹介します

当院では、座学中心の研修ではなく可能な限りシミュレーションを取り入れた研修を企画しています!また、行ったことへの振り返りを大切にしています!(^^)!

対象者:2年目看護師

研修名:転倒シミュレーション

患者役で、3年目看護師に応援に来てもらい、振り返りでアドバイスをもらいました

1.jpg終了後 図1.pngのサムネイル画像2.jpg  図2.png

対象者:3年目看護師

研修名:急変シミュレーション

3人一組でチームを組み、1回目終了後振り返りを行い2回目、3回目と経験回数を重ねてトライ(*^^)v

回目              回目          教育担当者による実演

3.jpg→.png4.jpg→.png5.jpg

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました

今後も研修風景など色々更新していきますので、どうぞよろしくお願いします

看護部長よりご挨拶

更新日:2014.09.08 記事テーマ:看護部長のつぶやき

はじめまして、看護部長の今井です。Kanngo.jpg

このたび、藤井会リハビリテーション病院看護部のブログを開設することになりました。日々、私の感じたことや看護部の日常などを「看護部長日記」として、アップしていこうと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 看護部の現在の役職者は看護師長3名、師長代理1名、主任4名、ケアワーカー主任4名です。

 この写真は月に1回、開催している師長、主任会です。主に看護部委員会・チーム活動について情報交換、討議を行っています。看護部では、回復期リハビリテーション看護・介護の質の向上のため、委員会やチーム活動を行い、スタッフ全員がいずれかに所属しています。師長、主任たちが委員長になり、とりまとめてくれています。みんなの少しでも、患者さんのためになる看護・介護がしたい!という思いを特にこの会議で感じることができ、私のパワーのもとになっています。

このブログでも随時、看護部委員会・チーム会活動をアップしていきます。

藤井会リハビリテーション病院 看護部のサイトをOPENしました

更新日:2014.06.17 記事テーマ:お知らせ

top_img.pngこの度、藤井会リハビリテーション病院 看護部のサイトを新たにOPENいたしました。

看護部からのお知らせや院内で実施したイベントの様子など、様々な情報をお届けいたしますので、今後とも宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ