あきらめない、粘り強い看護
あきらめない、粘り強い看護

病気や事故により障がいを持たれた患者さまが1日も早く、住み慣れた地域やご自宅で自立した生活が送れるように、チームでリハビリテーション医療を提供するのが回復期リハビリテーション病院です。

チームの中でも患者さまに24時間寄り添うのが、看護部です。
私たちは「あきらめない、粘り強い看護」をモットーに、一人ひとりの患者さまに責任を持って看護を提供しています。

看護部方針

  • 専門的技術・知識を持って、あきらめない、粘り強い看護で患者さまの持てる力を引き出し、
    生きる力を見出します。
  • 自律したプライマリーナース・ケアワーカーを育成し、安全・安心・信頼できる看護を行います。
  • 看護論理に基づいた看護を行います。
  • 人と人とのつながりと和を大切にした職場環境を作ります。
看護部長
看護部長からのメッセージ

回復期リハビリテーション看護は、24時間患者さまの生活に寄り添った、まさに看護の原点となる分野だと実感しています。どんな障がいを持たれた方に対しても、私たち看護師は最後まであきらめず、粘り強く、生きる喜びと希望を持ち、その人らしい人生を送れるように看護実践していきます。
そのためにもプライマリ-ナーシングは、看護部の核となるものです。自律したプライマリーナースを一緒に目指しましょう。

看護部長 柳田 恵津子
ページの先頭へ