リハビリテーション部のご紹介

言語聴覚療法

言語聴覚士は、言葉や聞こえなどの、コミュニケーションに問題を持つ方や高次機能障がいがある方々に対して、相談・評価・訓練・指導・助言などの援助と、生活の質の向上や社会参加のための支援を専門的な立場から行います。 また、ご家族や周囲の方々に対して相談・助言など適切なサービスを提供します。 さらに、摂食・嚥下に問題がある方々に、他職種との連携を図りながら、専門的な対応を行います。
個別の部屋も多数用意しています。 

当院では、言語聴覚療法は、言語機能、高次機能、嚥下機能の障がいについて、個々の状態にあわせた最大限の改善を目指し治療を行います。
同時に、包括的な取り組みによって、コミュニケーション能力の向上へ向けた指導や、取り巻く環境の調整のため、他職種や地域と連携を図っていきます。また、人が日常生活を送る上で、大きな影響を与える高次機能障がい全般に、力を入れて取り組んでいます。
患者さまの退院後の生活に沿えるよう努めるとともに、より質の高いリハビリテーションを心がけています。

※日本高次脳機能障害学会総議員、日本神経心理学会評議員、日本言語聴覚士協会認定の専門言語聴覚士、養成コース講師(失語・高次機能領域)が在籍しています。


採用情報
看護部
地域医療連携室