病院案内

病院案内

厚生労働大臣が定める掲示事項

当院は、厚生労働大臣の定める基準に基づいて診療を行っている保険医療機関です。

入院基本料等に関する事項と施設基準

A病棟

回復期リハビリテーション病棟入院料1では、入院患者様13名に対して1人以上の看護職員(うち看護師が7割以上)と、入院患者様30名に対して1人以上の看護補助者を配置しております。

また夜間は看護職員1人以上かつ看護補助者1人以上で、あわせて常時2人以上が勤務しております。尚、時間毎の配置は次のとおりです。

≪午前8:45~午後17:30≫

  • 看護職員1人当たりの受け持ち数は6人以内です。
  • 看護補助者1人当たりの受け持ち数は12人以内です。

≪午後16:30~午前9:00≫

  • 看護職員1人当たりの受け持ち数は18人以内です。
  • 看護補助者1人当たりの受け持ち数は36人以内です。

回復期リハビリテーション病棟入院料1の施設基準は以下のとおりです。

  • リハビリテーション科を標榜しており、病棟に専従の医師1名以上、専従の理学療法士3名以上、作業療法士2名以上、言語聴覚士1名以上及び社会福祉士1名の常勤配置、専任の管理栄養士1名以上の常勤配置
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)の届出
  • 病室の床面積は、内法による測定で患者様一人につき6.4㎡以上、片廊下幅1.8m以上、両廊下幅2.7m以上、患者様の利用に適した浴室及び便所の設置
  • リハビリテーションの実施計画の作成の体制及び効果、実施方法等を定期的に評価する体制
  • 日常生活機能評価表の記入と毎年1回近畿厚生局へ報告

B病棟

回復期リハビリテーション病棟入院料3では、入院患者様15名に対して1人以上の看護職員(うち看護師が4割以上)と、入院患者様30名に対して1人以上の看護補助者を配置しております。

また夜間は看護職員1人以上かつ看護補助者1人以上で、あわせて常時2人以上が勤務しております。尚、時間毎の配置は次のとおりです。

≪午前8:45~午後17:30≫

  • 看護職員1人当たりの受け持ち数は6人以内です。
  • 看護補助者1人当たりの受け持ち数は12人以内です。

≪午後16:30~午前9:00≫

  • 看護職員1人当たりの受け持ち数は36人以内です。
  • 看護補助者1人当たりの受け持ち数は36人以内です。

回復期リハビリテーション病棟入院料3の施設基準は以下のとおりです。

  • リハビリテーション科を標榜しており、病棟に専任の医師1名以上、専従の理学療法士2名以上及び作業療法士1名以上の常勤配置
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)の届出
  • 病室の床面積は、内法による測定で患者様一人につき6.4㎡以上、片廊下幅1.8m以上、両廊下幅2.7m以上、患者様の利用に適した浴室及び便所の設置
  • リハビリテーションの実施計画の作成の体制及び効果、実施方法等を定期的に評価する体制
  • 日常生活機能評価表の記入と毎年1回近畿厚生局へ報告

近畿厚生局への届出事項に関する事項

当院では、次の施設基準に適合している旨の届出を行っています。

届出 施設基準
回復期リハビリテーション病棟入院料1 新規入院患者のうち4割以上が重症患者であること、在宅復帰割合が7割以上であること
リハビリテーションの効果に係る実績の指数が40以上であること
回復期リハビリテーション病棟入院料3 新規入院患者のうち3割以上が重症患者であること、在宅復帰割合が7割以上であること
リハビリテーションの効果に係る実績の指数が35以上であること
休日リハビリテーション提供体制加算 休日を含め、週7日間リハビリテーションを提供できる体制を有していること
運動器リハビリテーション料(Ⅰ) 専任の常勤医師1名以上、専従の理学療法士、作業療法士が合わせて4名以上勤務し、専用の機能訓練室が100㎡以上、治療・訓練を行うための器械・器具等を具備していること
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ) 専任の常勤医師が2名以上(うち1名は脳血管疾患等リハビリテーション医療に関する3年以上の臨床経験)、専従の理学療法士が5名以上、作業療法士が3名以上、言語聴覚士が1名以上、各専従の従事者の合計が10名以上勤務し、専用の機能訓練室が160㎡以上、治療・訓練を行うための器械・器具等を具備していること

当院では、入院時食事療養(Ⅰ)及び入院時生活療養(Ⅰ)の届出を行っており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)適温で提供しています。

保険外負担に関する事項

当院では以下の項目について、その使用量、利用回数に応じた実費の負担をお願いしております。

  1. 診断書及び証明書(消費税抜き) 1通につき 2,000円~5,000円
  2. フィルムコピー(1枚) 500円
  3. 予防接種(消費税抜き) 1回につき 1,500円~8,000円
  4. 1本杖(消費税抜き) 1本につき 5,000円
  5. 外線電話通話料金(個室) ※通話時間により自己負担
  6. エンゼルケア(死後の処置)に係る費用(寝巻なし)15,000円 エンゼルケア(死後の処置)に係る費用(寝巻あり)20,000円
  7. 弾性包帯(サポーテックス) 430円
  8. 金庫スペアキー(消費税抜き) 1本につき 500円(紛失時のみ)
  9. 紙おむつ(消費税抜き) 1枚につき 80円
  10. 付添寝具(1日につき)450円 付添ベッド(1日につき)50円
  11. 駐車場利用料(1日につき) 500円

その他、詳しくは総合受付にてお尋ね下さい。

選定療養に関する事項

特別の療養環境の提供/個室の利用

室種別 料金(消費税抜き) 3F 4F 5F
個室A 5,000円(1日につき) 301 302 401 402 501 502
個室B 3,000円(1日につき) 303 304 305
306 307 308
403 404 405
406 407 408
503 504 505
506 507 508

領収証および明細書に関する事項

当院では、領収証は各項目の内訳が分るもの、明細書は個別の診療報酬点数の算定項目が分るものを発行しております。

寝具に関する事項

敷布、掛布等の寝具は、週1回交換しております。
なお、敷布、掛布等は汚れた場合は、曜日に関係なく交換します。